怪我をした芸人さん、大丈夫かな。。

怪我をした芸人さん、大丈夫かな。。

チョット前になりますが、そこそこお気に入りの芸人さんが、撮影か何かで大怪我を負ったとのこと、ニュースで見ました。

去年からかな、ちょいとブレイクしてあまり日が経っていない。

全治三ヶ月なのだそうです。

ニュースを見るぐらいで、詳しいことなど知るよしもないのですが、なんでも10メートルの飛び込み台から飛び込み、足から入水したと。

飛び込みって危ないもんなのだなぁと、あらためて思いました。

「首の骨が」とかは想像がつく「危ないこと」なのですが、足から入水しても胸椎が骨折したりするのですね。

足なら解りますが、胸椎って。。。

水面は鉄板のようになるとは、なにかで読みました。

そうですよね、学校の飛び込み台からぐらいでも、お腹からバチーンといくと、真っ赤になってましたもんね。

あれは痛かったなぁ。

この事件で、なんでもやはり、ある程度の基礎体力と訓練というのは必要なのだなと思いました。

転落とかのアクシデントでの怪我は、ある意味仕方ない。

怪我もするでしょう。

だけど撮影で予め決まっているそれを演者にさせて、大怪我させちゃうんだものなぁ。

決まってることだから、演者だってその心積もりで臨んだはずですもん。

そして、あたりまえにそれをして、大怪我。

それを考えると、競技者なんか、どれほどの体力の持ち主なんでしょう。

何の競技にしてもです。

日々の努力はそりゃ並々ならぬものだろうと、それは認めますが、それだけじゃないような気がします。

やはり資質というのも大きいのではないかと。

私の小さいころを思い出しても、「努力してここまで」という競技ばかり。

いわゆる「運動神経が悪い子」です。

私が努力したとて、多分飛び込みはできなかったろうと思うのです。

足だって「ふざけてるのか!」と怒られるほど遅かった。

毎日練習はしてたんですよ。

だって運動神経が劣悪で通っている私といえど、運動会での恥は、少しでも減らしたいですもん。

それでも「ふざけてるのか!」と言われるタイムですもん。

顔ばっかり必死で、足がね、ぜんっぜん動いてないの。

話がそれましたが、その芸人さん。

このノルカソルカの大事な時期に、なんと不運な。。。

復帰して、そのロスタイムに負けることなく、活躍できたらいいなぁと願うのです。

脱毛 神戸脱毛 埼玉

お弁当の隙間が埋まらない!

子供たちのお弁当に毎日テンテコマイになっている私です。

キャラ弁だの、なんだのという手の込んだことはしていないのですが、朝になるとお弁当がけっこう憂鬱です。

中学生と小学生用のお弁当、そして夫のお弁当があるので本当に大変です。

というと、ただのお弁当なのに何が大変なの?と聞かれることが多いのですが、別に朝からあれやこれやと作っているから大変、という訳ではなくて

子供たちのお弁当箱が大きいことが難点なのです!

そういえばよく毎日作っているお弁当をブログにアップしている方がいますが

あれって本当に凄いですよね。

毎日、毎日こちらも見ていて驚くようなお弁当を作っていることに本当にビックリさせられます。

世の中のお母さんたちはすごいなーって思ってしまいます。

あの技が欲しいです!

というのも、最後の最後で「あーこの隙間が!!」ってことが本当によくあるんです。

先日は息子の希望があって「焼肉弁当」にした時のことです。

本人の希望は味つきのお肉を焼いて、それをご飯の上に並べて欲しい。ということだったのですが

学校に持っていくお弁当は抜き打ちで先生の「バランスチェック」が入ることがあるんです。

なので、本人の希望通りに本当にお肉を焼いてご飯の上に乗せるだけにはいかないので

一緒におかずを入れておいたんです。

しかし、あとちょっとの隙間がまた埋まらない・・・

焼肉弁当だから簡単でよかったと思ったのに、また埋まらないのです。

というか本当によくあるんですよね。

また、その隙間っていうのが微妙すぎて、でも放置できるわけではなくてっていう事ばかりです。

その時は最終的にレタスをちぎったものを押し込んだんですが、こうバシッといい感じ!という事がないのが不思議です。

他のお母さんたちに聞いてみたところ「あるある!」とのこと

その時の対処法は?と聞いてみたら「プチトマトを入れる」「冷凍食品を入れる」あとは「チーズを入れる」というのが多かったですね。

まだチーズを入れたことがなかったので、今度はチーズを入れてみようと思っています。

友人が言うには「チーズって日持ちもするから買っておくだけで便利」とのことでした。

本当にみんな色々とお弁当に関しては裏技があるように思います。

そうすることで「あの隙間」を撃退することができるんですね!